美容や日常に支障をきたすこともある!いぼを潰さずに適切な治療を

長所と短所を熟知する

医者

ウィルス性のものや無害ないぼでも、共通して言えるのは何らかの刺激によって痛みが生じてしまうものです。痛みによるストレスから脱却したい場合は、美容皮膚科で適切な治療方法を受けていきましょう。現在、おもに行なわれている治療方法のでは、外科的な治療方法だと、液体窒素を使用したいぼの細胞破壊をするものです。また、いぼ周辺に麻酔を施してからはさみで切除する治療法も存在します。あるいは、特殊光を使った治療に、専用の薬剤を患部に注入する治療方法などがあります。種類豊富にありますが、それぞれ長所と短所が存在するので、いぼができている患部や症状タイプによって適切なものを医師と相談して決めていきましょう。

まずは、外科的な治療方法について説明します。おもに、切除手術や液体窒素を使用したいぼの細胞を破壊する治療方法などがそれにあたります。外科的な手法による治療は、なんといっても即効性に優れています。麻酔を患部に注入してから痛みが感じられないうちに、切り取ったり細胞を壊して除去したりすれば、あっという間になくなってしまいます。その後は、切除した部分の縫合と抜糸の手間がありますが、正しく傷跡のケアを行なえばどこにいぼが生じていたのかわかりにくくなります。皮膚が厚い足裏などの場所にできたいぼにはうってつけの治療方法といえます。それに、保険も適応されやすいので、比較的リーズナブルで受けられるのでお財布にも優しいと言えるでしょう。

その他では、特殊光治療や注射での治療について説明します。特殊光や注射での治療は、一番の利点が出血が伴いにくいという点です。傷跡も最小限に抑えられるので、後々になって傷に関するコンプレックスを抱かなくて済みます。それに、再発がしにくいという面ではウィルス性のいぼでも効果を発揮するのは間違いありません。治療後はすぐに日常生活に戻っていけます。傷跡をいたわりながら生活する必要もなく、入浴やスポーツを行なう時でも、全力でやることが可能となっています。ただし、治療の効果に関しては人の体質やイボの大きさによって差異が生じてしまいます。また、いぼができた場所によっては選ぶことができない可能性もあるので、医師との相談で受けられるかどうかを吟味しておきましょう。